• ミニ投稿

フィリピンでは断水がよくあります。先月は2/14の夜。バレンタインの悪夢でしょ。

最終更新: 2018年4月12日

フィリピンでは断水がよくあります。先月は2/14の夜。バレンタインの悪夢でしょ。1年ぶりに来比した両親を空港に迎えに行った夜です。あらかじめ断水のスケジュールの便りがポストに入っていました。到着して荷物を取り、空港から我が家に到着する時刻と重なりました。真冬の日本から、真夏のマニラに到着し、老体にもかかわらず、とにかく先にシャワーをすすめました。母はなんとか洗顔、洗髪が出来ましたが、父はビールを先にあおっているうちに、時間切れとなり、シャワーも浴びられずに、眠りました。父は断水するなら、夜の家庭での需要が増えるピークタイムは、ありえないよな。と、ぼやいていました。

あれから、3週間経ち、両親も日本に帰国してすっかり日常を取り戻しました。断水事件は突然やってきました。その日は朝からスケジュールが忙しかったので、洗濯を朝いちばんに作業完了していたので、ラッキーでした。出先から、9時半ごろに帰宅すると、近所の方が、水が出ないことを教えてくれました。どうやら市内の水道管が破裂したということ。常夏のマニラでは子供たちは学校から帰宅して何より先にシャワーを浴びます。その日は夜19時には復旧の見通しだと聞いていましたが、晩は19時過ぎても断水しており、やむなく友人の家にシャワーを浴びさせていただくことにしました。丁重にお礼をお伝えしてバイバイしたのに、翌日も断水。早朝から消防の車のサイレンがあちこちから聞こえて、明らかに特別の夜明けを感じて起床。消防署に水をもらいに行く人の列が出来ていたとか、近所の人たちは4日間の断水予定だとか・・・信じられないことを普通に教えてくれました。学校の制服や体操着など洗濯ができないのは困ります。やむなく再び友人宅に洗濯機をかりに行きました。使用した食器も洗わせてもらいました。昼食もささっと支度して、食べさせてくれました。さらに夜もまたシャワーを浴びにおいでよって。優しい彼女の家族は喜んで私たちを歓迎してくれます。

困った時はお互い様だと、言ってくれました。こんなにお世話になっては、恩返し出来ないよね。常夏のフィリピンで断水は想像以上にきついです。手が洗えないのはストレスです。近所の犬はちゃんと水がもらえているかな?貴重なミネラルウォーター、店舗の前にはポリタンクで順番待ちする長い列が出来ていました。私も紙皿や紙コップを買いにいってこようっと。




暗くなって、よる9時を過ぎても、水を求める渋滞は続いています。夜ポリタンクを抱えて歩く人々をたくさん見ました。


フィリピンでは戸建ての裏側に大きな貯水タンクがある場合も多いです。

東京での生活では全く知らなかった知識ですが、断水に備えて水を蓄えておくことができます。我が家のレンタルした一戸建てにもついていましたが、全く見向きもしていませんでした。しかし度重なる断水により、人数が少ないとはいえ、水がでない生活は支障があります。貯水タンクには電動のくみ上げポンプがあり、電源が壊れています。修理はとてもお金がかかりそう・・・